日時

内容

昭和34年4月 「千葉県高圧ガス保安協会」を設立
(事務局は会長会社が担当)
昭和38年4月 「連絡事務所」を開設し、体制強化を図る
(女子職員1名を置く)
昭和45年11月 「連絡事務所」を「事務所」に改称し体制強化を図る
(事務局長1名、女子職員1名体制とする)
昭和47年4月 事務所の体制強化を図る
(事務局長1名、女子職員2名体制とする)
昭和47年12月 「千葉県高圧ガス地域防災部会」が発足され、事務委託を受ける
昭和50年4月 事務所の体制強化を図る
(事務所長1名、男子職員1名、女子職員2名体制とする)
「千葉県高圧ガス溶材商業会」の事務委託を受ける  
(財)千葉県ガス石油会館が竣工される
昭和52年4月 「事務所」を「事務局」として独立
昭和56年11月 「千葉県高圧ガス地域防災部会」から「千葉県高圧ガス地域防災協議会」に名称変更し、
分離独立する(事務受託は変わらず)
昭和62年3月 「千葉県高圧ガス保安協会」が法人化され「社団法人千葉県高圧ガス保安協会」が誕生
(専務理事、事務局長、女子職員2名体制となる) 
平成元年4月 「千葉県高圧ガス溶材商業会」から「千葉県高圧ガス流通 保安協会」に名称変更
平成19年3月 千葉県から高圧ガス保安法の指定輸入検査機関を指定され、高圧ガス輸入検査を開始
平成25年4月 「社団法人千葉県高圧ガス保安協会」から「一般社団法人千葉県高圧ガス保安協会」に名称変更